HOME > 親知らず

親知らず

親知らずとは

親知らずとは?のイメージ

親知らずとは、20歳くらいになって奥歯に生えてくる歯のことです。
昔は平均寿命が短かったため、親が子供に歯が生えてきたことを知らずに亡くなっていたため、この名前がついたと言われています。

患者様が一番気になることは、親知らずを抜くべきかどうかだと思います。
親知らずを抜くかどうかの判断は、時間経過と共に変化していきます。
口内環境の変化で、親知らずが長時間をかけて徐々に動くこともあります。

20代~40代で何らかの問題が起こり抜く場合が多くありますが、ケースによっては70歳を過ぎて抜くことになる場合もあります。
親知らずの周辺で痛みが出たら、できる限り早く歯科医院での検査を受けて、確認してもらうことが重要です。

大学生等で親知らずが非常に気になる方は、社会人になると何かと忙しいため、学生中に一度、チェックを受けるのがオススメです。
当院にも、親知らずを抜くと数日間腫れが出るため、学生中に抜いておいて良かったという方がいました。

また、親知らずを抜くのは「怖い・痛い」というイメージがあると思いますが、当院の院長は歯科医業を始めて30年程のベテラン医師で経験豊富です。
まずは、抜くべきかどうか迷われている方はお気軽にご相談下さい。
また、親知らずのご症状によっては、より安全を期するために連携病院をご紹介致します。

親知らずを抜かなくてはならないケース

  1. 真っ直ぐではなく、横向きに生えてきている場合。
  2. 他の歯のようにキレイに生えてきたが、歯磨きがうまく出来ない場合。
  3. 食べかすが挟まりやすく、親知らずの前の歯が虫歯になりやすい場合。
  4. 歯が骨の中に埋まっていて、医師がレントゲンを確認して問題あると判断した場合。
  5. 歯並びに影響がでる場合。

親知らずを抜かなくて良いケース

  1. 傾かないで正常に生えてきている場合。
  2. 歯が骨の中に埋まっているが、医師がレントゲンを確認して問題ない場合。
  3. 痛みや腫れなどの問題を起こしていない場合。
  4. 医師が特に抜く必要がないと判断した場合。

親知らずを抜くタイミング

親知らずを抜く場合は、生え始めてきた20歳前半が理想と言われています。
その代表的な理由は3つあります。

  1. 体力がある20代の時の方が、抜いた後の骨の回復が早い。
  2. 中年、高齢になって虫歯や歯周病になると、麻酔が効きにくくなる傾向があるため。
  3. 抜く時期が遅れてしまうと、親知らずが骨とくっ付いてしまい、抜くのが困難になるため。

大学生の方へ

大学生の方は、社会人になると何かと忙しいため、体力もあり、比較的時間に余裕がある学生時代に一度、抜くかどうかチェックをするのをオススメします。

費用

健康保険・国民健康保険ともに3割負担です。
保険証を忘れずに、お持ちください。
アクセス・診療時間はこちら

実際の症例

親知らずとは?のイメージ
<当院で抜歯したケース>
この方は親知らずが斜めに生えているため、手前の歯が虫歯になっていました。この時点では痛みを感じていませんでしたが、前の歯を守るために抜歯が必要と判断されました。

引っかかりを取るために歯の頭を半分に削ってから抜きました。
根がドーナツ状になっており骨を抱えるようになっていたので、少し周りの骨を削りましたが、抜いた後は順調に回復してきています。





鏡で見ると手前の歯の後ろが虫歯で穴が空いていました。まだ神経に至るほどではなかったので穴を埋めて治療は終了しました。穴になっていた歯茎もキレイに治っています。


<連携病院に紹介したケース>


この方も親知らずによって手前の歯が大きな虫歯になっています。
下顎の骨には神経の管が通っていて、その位置はレントゲン写真にも写っています。
今回の親知らずはレントゲン上ではその神経とかなり近い位置にあります。
このような場合は、抜歯の際に神経を傷つけないように、より専門的な診査、診断が必要になってきます。
当院では、八事日赤病院と連携を取っておりますので、このような場合、患者様の安全のために口腔外科へご紹介させていただいております。
もし、地元の病院の口腔外科で抜きたいなどご希望があれば八事日赤以外の病院にも紹介は可能ですのでご相談ください。
 

大きな地図で見る
住所
愛知県名古屋市天白区塩釜口1丁目712
最寄駅
鶴舞線 塩釜口駅から徒歩1分
診療時間
月火水金 9:30~12:30 14:00~18:00
土曜日 9:30~12:30 14:00~17:00
休診日  木曜/日祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら