HOME > 歯周病・歯肉炎

歯周病・歯肉炎

歯周病とは?

歯周病とは?のイメージ

歯周病は歯周病菌による感染症の一種で、歯を支えている骨が溶ける病気です。ストレス、疲労などの影響で身体の抵抗力が落ちるなど、糖尿病といった他の症状と併発し、進行するといわれています。
また、歯周病は通称、「沈黙の病気」として恐れられています。

「沈黙の病気」と言われるゆえんは、 症状が末期にならないと痛みなどの自覚症状が出ないためです。忙しい毎日で歯科へ行く余裕がない方など、今や現代人が歯を失う最大の原因です。

近年、年齢に比例して歯周病の患者数は増加しており、特に40歳以上の中高年のおよそ80%が歯周病予備軍といわれています。

下記に該当する項目がある方は、歯科医院での検診をオススメ致します。
歯周病は早期の段階で発見することが可能な病気です。

  • 歯周病の特徴
  1. 歯と歯の隙間が広がってきた気がする。
  2. グラグラしている歯がある気がする。
  3. 歯並びや噛み合わせに違和感がある。

歯肉炎とは?

歯肉炎とは?のイメージ

歯周病のかかり始めを歯肉炎とよびますが近年では、中高年の方々だけでなく多くの10代~20代の若年層の方も歯肉炎になっているといわれています。
歯肉炎も、歯周病同様に早期の段階で発見することが可能な病気です。

下記に該当する項目がある方は、歯科医院での検診をオススメ致します。
歯肉炎は早期の段階で発見することが可能な病気です。

  • 歯肉炎の特徴
  1. 歯グキが変色したり、腫れたり、膿が出る。
  2. 歯を磨くと、歯肉から血が出る。
  3. 朝起きたら、口の中がネバネバする。
  4. 口臭が気になる。

歯周病・歯肉炎の検査項目

歯周ポケット
・・・ 歯と歯グキの溝(=歯周ポケット)を測ります。溝が深いと、歯周病菌が中にいて、周りの骨が溶けている可能性が高いです。
歯肉退縮
・・・ 過度のブラッシングなどで歯グキが下がってないかを確認します。
歯の動揺度
・・・ 骨が溶けていると、かみ合わせのバランスが崩れ、歯の揺れが強くなります。
根分岐部病変
・・・ 歯の根元の骨が溶けていないか確認します。
骨の検査
・・・ レントゲンで歯の骨の状態を確認します。

歯周病の治療・・・いとう歯科では無料でレーザー治療を行なっております。

歯周病の治療のイメージ

歯周ポケット中の歯周病菌や、歯グキの中に付着している歯石や歯の表面についた歯石を、専用の機材で除去します。
いとう歯科では、歯周病治療や予防で効果を上げるためにレーザー治療を無料で行なっております。

歯科医師や歯科衛生士が歯の着色や細菌バイオフィルムなどを完全に取り除くクリーニングです。

日頃から、歯周病菌を歯と歯グキの溝(=歯周ポケット)に侵入させないために、ご自身での歯磨きケアがとても重要です。
いとう歯科では、ブラッシングのアドバイスも行います。

費用

健康保険・国民健康保険ともに3割負担です。
保険証を忘れずに、お持ちください。

大きな地図で見る
住所
愛知県名古屋市天白区塩釜口1丁目712
最寄駅
鶴舞線 塩釜口駅から徒歩1分
診療時間
月火水金 9:30~12:30 14:00~18:00
土曜日 9:30~12:30 14:00~17:00
休診日  木曜/日祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら