いとう歯科ブログ

2017年2月28日 火曜日

いとう歯科新聞vol.23

知覚過敏について
今回の新聞では知覚過敏について特集しています。

歯がしみると来院される患者さまの中には、虫歯はないのに歯ブラシが当たると痛かったり冷たいものがしみてしまう「知覚過敏」の方がいます。
知覚過敏は、かつては歯ブラシをゴシゴシ当てて歯の根元が削れてしみてしまうことが主な原因だと考えられてきました。

しかし、最近では私たちの生活習慣と深く関わりがあることが知られるようになってきています。

歯ぎしりやくいしばりといった悪習慣で歯が咬み合わせ削れたり、歯の根元が欠けたりしてしまうこともあります。
ひどい場合は、歯にヒビが入ってしまうこともあります。

また「酸蝕歯」といって、お酢や柑橘類など酸性度の高いものを飲食することで歯が溶けてしまうこともあります。
特にすっぱいと思わないものでも意外に酸性度が高いものもあるので要注意です。
炭酸飲料水、ワイン、野菜ジュースもそうですね。

このような原因は、知覚過敏につながるおそれがありますので、知覚過敏をお持ちの方はちょっと注意してみてください。

ただし、「知覚過敏」の自己判断は危険です。
その症状が知覚過敏なのか、その原因が何なのかは歯科医院で相談していただくの安心ですね。

塩釜口駅すぐ
いとう歯科
052-833-6482

pic20170228155045_1.jpg

pic20170228155045_2.jpg

pic20170228155045_3.jpg

投稿者 いとう歯科 | 記事URL

2017年2月10日 金曜日

がんばれ受験生!

まだまだ寒い日が続いていますねbearing

また雪の予報ですsnow

当院は塩釜口駅から名城大学へ向かう坂の途中にあります。

今日は名城大学の受験のようです。

歯科医院の前の道を、多くの制服を着た学生さんたちが大学へ向かって歩いて行きましたschool

当院の駐車場はビルの裏にあるため、駐車場に入るには歩道を横切らないといけないので、人が多いとなかなか入れないこともよくあるのですが、受験生のみなさんはすぐに止まって快く道を譲ってくださりました。
みなさん自分の受験でも大変なのに、お気遣いいただいて寒い今日ですが、とても心温まりましたconfident

受験生のみなさん、体調には気をつけてがんばってくださいね!!rock

塩釜口
名城大学近く
いとう歯科
052-833-6482

 

投稿者 いとう歯科 | 記事URL

2017年2月10日 金曜日

がん治療を受ける前に口腔ケアをしましょう

がん治療の前にお口の中をきれいにすることの大切さが言われるようになってきています.

では、なぜ体の病気を治すのにどうしてお口のケアが必要なんでしょうか。

お口の中には多くの細菌が生息しているのですが、この細菌、普段は悪さをしないのですが、手術や抗がん剤治療、放射線治療を行うことで全身の抵抗力が弱くなった時に、肺炎や重症の口内炎などのさまざまな合併症の原因となり手術後の治りが悪くなることがあります。

その予防として、あらかじめお口のケアを行い細菌数をできるだけ少なくすることで、合併症のリスクを減らすことができます。

では、お口のケアとは具体的には何をするのでしょうか。

お口の中の細菌を減らすために専用の器具で歯の周りの汚れを落とします。
また、清潔な状態を維持するためのセルフケアの方法についてアドバイスします。

そのほか、虫歯があれば処置をして、お口の中を健康な状態に保つようにします。

当院の院長は「がん連携登録歯科医」です。

定期検診を受けられている方も、しばらく歯科を受診されていない方も、がん治療を始める前に歯科医院の受診をお勧めします。
お気軽にご相談ください。
 
塩釜口
名城大学近く
いとう歯科
052-833-6482

投稿者 いとう歯科 | 記事URL

2017年2月 8日 水曜日

歯ぎしり予防にはマウスピースが効果的です

最近、むし歯や歯周病はないのに歯が痛い、しみるといった患者さまが多く来院されます。
これらの症状の一つの原因として考えられるのが『TCH』(Tooth Contact Habit)
上下の歯を接触させてしまう癖です。

歯を咬み合わせた時には、奥歯に人間の体重以上の力がかかると言われていますsweat01

本来、上下の歯を合わせるのは食事の時や、スポーツや重いものを持つ時など瞬発的に力を出したい時だけです。
しかし、近年のストレス社会では日常生活の中で無意識に歯を食いしばってしまう方が多くいますwobbly

患者さまにこのお話をすると「知りませんでした。普段も歯をくっつけてないといけないのかと思っていました」と言われます。
この無意識にかかる力が蓄積し、歯の健康に悪影響を与えてしまうのです。

日中のこうした力は意識して気をつけることで減らすことができますが、夜の食いしばりや歯ぎしりは無意識なのでなかなかやめることはなかなか難しいですよね。
そういった場合はマウスピースを作って歯を保護することで、負担を軽減させることができます。
特に夜の歯ぎしりは無意識なので過剰な負担がかかりやすいので要注意です。
心配な方は一度歯科医院でご相談ください。

歯ぎしりでお悩みの方は
塩釜口駅すぐ
いとう歯科へ
052-833-6482

投稿者 いとう歯科 | 記事URL

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

大きな地図で見る
住所
愛知県名古屋市天白区塩釜口1丁目712
最寄駅
鶴舞線 塩釜口駅から徒歩1分
診療時間
月火水金 9:30~12:30 14:00~18:00
土曜日 9:30~12:30 14:00~17:00
休診日  木曜/日祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら