いとう歯科ブログ

2014年3月31日 月曜日

カウンセリングルーム

近所で桜の木の伐採が行われていたので、枝を一本頂きましたcherryblossom

カウンセリングルームに飾りましたconfidentdiamond
一枝なのに桜があることで、春を感じますねtulip

カウンセリングルームは、患者様とじっくりお話するところですcatface

治療内容、過程の説明をしたり、患者様の要望や不安をお聞きし、納得のいく治療を提供できるよう一緒に話し合います。

もし、わからない事があれば遠慮なくおっしゃってくださいsign01
生涯使う大切な歯ですflair
一緒に守っていきましょう

塩釜口駅 名城大学近く いとう歯科
0528336482
pic20140331104931_1.jpg

投稿者 いとう歯科 | 記事URL

2014年3月25日 火曜日

春の訪れ

日中は暖かい日もあり、ちらほらと桜が、咲き始めてきましたねcherryblossomshine

今日は昼過ぎから、訪問診療に行って来ましたrvcardash

病気などの都合で通えない方のお宅へ伺って治療をしますhouseshoe
訪問診療を知らない方が意外と多く
『もっと早く来てもらえば良かった』
とおっしゃられますhappy02shine


伺える距離もありますので、一度お問い合わせくださいgoodnotes

介護保険証ケアマネージャーさんの連絡先内科の連絡先など、お聞きすることが多数ありますので、あらかじめお手元に用意して頂けるとスムーズですgoodshine


天白区 塩釜口 近く いとう歯科
0528336482



pic20140325210219_1.jpg

投稿者 いとう歯科 | 記事URL

2014年3月15日 土曜日

いとう歯科のキシリトールのお話 3

今回はキシリトールガムのオススメの食べ方のお話です。

☆食べる回数は❓
むし歯予防のためには、キシリトール100%配合のガムの場合、1日3回、一粒を毎食後に噛み、さらに歯磨き前に噛むと効果的です。
1度にたくさん摂るより、一日に何度か分けて摂るほうが効果的です。

☆食べるタイミングは❓
歯垢を落としやすくするには歯磨き前、歯質を強化するなら歯磨き後が効果的です。
何かを食べたら噛む、というように無理なくできる方法で習慣にすると良いでしょう。

☆噛む時間は❓
キシリトールの成分はおよそ数分で流出しますが、よく噛んで、唾液をたくさん出すことも、むし歯予防に大切です。
味がなくなっても5分〜10分噛む事をオススメします。

☆摂る時間は❓
キシリトールを食べると、2週間で歯垢が減りはじめ、3ヶ月ほど経つとむし歯になりにくくなると言われています。
でも、その後すぐにやめてしまうと、しばらくして再びむし歯菌が増え始め、むし歯になる危険性も高くなってしまいます。

むし歯予防のためには、毎日続けることが大切ですね❗️

投稿者 いとう歯科 | 記事URL

2014年3月12日 水曜日

いとう歯科のキシリトールのお話 3

今日は市販のキシリトールガムと歯科医院専売のキシリトールガムの違いについてのお話です。

【キシリトール100%配合】
歯科医院専売のキシリトールガムはキシリトール100%配合で、他の甘味料を使用していません。

【くっつきにくいガムベース】
矯正装置や義歯にくっつきにくいガムベースを使用しています。市販品の2倍のかたさで咀嚼力を鍛えます。

【再石灰化増強成分】
歯の主成分であるリン酸カルシウムとフラノンを市販より多く配合。再石灰化が有利に働きます。

ある幼稚園では昼食後にキシリトールを噛む習慣をつけているそうで、導入前には平均5本近くあったむし歯が今は2本以下に減っているそうです!

皆さんも、キシリトールガムを噛む習慣をつけましょう❗️

投稿者 いとう歯科 | 記事URL

2014年3月10日 月曜日

いとう歯科のキシリトールの話2

さて、なぜむし歯になるかというと、その要因は様々です。

健康状態、口腔内の糖質食品の残存量や時間、口腔内細菌など。
そのうち、歯を直接う蝕する細菌については、ストレプトコッカスミュータンス菌〔SM菌〕が知られています。

このSM菌が糖を分解して歯垢を作り菌を繁殖させ、乳酸を含む様々な酸を生成し、高濃度の酸と接触した歯のエナメル質を腐食させ、穴をあけます。

そこで、キシリトールがなぜむし歯抑制になるのか✨

【1 口腔内細菌に対しての非発酵性】
砂糖を摂取すると、口腔内のpHレベルは急速に低下し、歯のエナメル質の脱灰が生じます。キシリトールは口腔内細菌によって発酵されないので、酸は生成されず、pHの変化もありません。

【2 むし歯菌の成長抑制】
キシリトールは歯垢の中のむし歯菌を減少させることが研究で実証されています。

【3 歯質の再石灰化の促進】
キシリトールは唾液の分泌を刺激するため、歯の脱灰防止と再石灰化効果を促進することでむし歯予防になります。

【4 口腔内細菌の非順応性】
キシリトールは他の甘味料と異なり、10年以上継続的に摂取しても全く口腔内細菌は順応しないことが、数多くの研究で実証されています。

次回はキシリトール商品のご案内です(^O^)

名城大学近く 塩釜口駅徒歩1分
いとう歯科のご予約は
0528336482 まで

投稿者 いとう歯科 | 記事URL

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

大きな地図で見る
住所
愛知県名古屋市天白区塩釜口1丁目712
最寄駅
鶴舞線 塩釜口駅から徒歩1分
診療時間
月火水金 9:30~12:30 14:00~18:00
土曜日 9:30~12:30 14:00~17:00
休診日  木曜/日祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら