いとう歯科ブログ

2017年2月28日 火曜日

いとう歯科新聞vol.23

知覚過敏について
今回の新聞では知覚過敏について特集しています。

歯がしみると来院される患者さまの中には、虫歯はないのに歯ブラシが当たると痛かったり冷たいものがしみてしまう「知覚過敏」の方がいます。
知覚過敏は、かつては歯ブラシをゴシゴシ当てて歯の根元が削れてしみてしまうことが主な原因だと考えられてきました。

しかし、最近では私たちの生活習慣と深く関わりがあることが知られるようになってきています。

歯ぎしりやくいしばりといった悪習慣で歯が咬み合わせ削れたり、歯の根元が欠けたりしてしまうこともあります。
ひどい場合は、歯にヒビが入ってしまうこともあります。

また「酸蝕歯」といって、お酢や柑橘類など酸性度の高いものを飲食することで歯が溶けてしまうこともあります。
特にすっぱいと思わないものでも意外に酸性度が高いものもあるので要注意です。
炭酸飲料水、ワイン、野菜ジュースもそうですね。

このような原因は、知覚過敏につながるおそれがありますので、知覚過敏をお持ちの方はちょっと注意してみてください。

ただし、「知覚過敏」の自己判断は危険です。
その症状が知覚過敏なのか、その原因が何なのかは歯科医院で相談していただくの安心ですね。

塩釜口駅すぐ
いとう歯科
052-833-6482

pic20170228155045_1.jpg

pic20170228155045_2.jpg

pic20170228155045_3.jpg

投稿者 いとう歯科

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

大きな地図で見る
住所
愛知県名古屋市天白区塩釜口1丁目712
最寄駅
鶴舞線 塩釜口駅から徒歩1分
診療時間
月火水金 9:30~12:30 14:00~18:00
土曜日 9:30~12:30 14:00~17:00
休診日  木曜/日祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら