いとう歯科ブログ

2016年12月19日 月曜日

虫歯予防に効果的なフッ素の利用法

歯科で用いるフッ素には、歯医者さんで検診の時に塗布するフッ素と自宅で使う歯磨き剤に含まれるフッ素があります。
歯医者さんで用いるフッ素は高濃度(9000ppmf)で、歯磨き剤に含まれるフッ素は低濃度(900ppmf)です。

ではフッ素の濃度は濃い方がいいのでしょうか?

薄い歯磨き剤はあまり効果がないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

高濃度のフッ素を歯医者さんで塗ってもらうとフルオロアパタイトやフッ化カルシウムがエナメル質表面にできて歯の質を強化してくれます。

これも大事な働きですが、近年、低濃度のフッ素が長い時間お口の中にあることが歯の「再石灰化」を促進するので非常にむし歯予防に効果的であることがわかってきました。

私たちのお口の中では、食事のたびに歯が溶けては再生する「再石灰化」が行われています。
フッ素が低い濃度でも常にお口の中にあることがむし歯予防にとても大切なのです。
それには毎日使う歯磨き剤で低濃度のフッ素を補給し続けることはむし歯予防にとても重要です。

歯医者さんで高濃度のフッ素を歯に塗ると、フルオロアパタイトがフッ素の貯蔵庫の役割をして、フッ素供給に一役かってくれることもわかっています。

これらのことから、むし歯予防にフッ素を効果的に利用するには、歯医者さんでのフッ素塗布と自宅でのフッ素入り歯磨き剤の使用
両方するのが効果的なのですねbleah

むし歯治療予防なら
塩釜口駅徒歩1分
いとう歯科へ
052-833-6482

 
 

投稿者 いとう歯科

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

大きな地図で見る
住所
愛知県名古屋市天白区塩釜口1丁目712
最寄駅
鶴舞線 塩釜口駅から徒歩1分
診療時間
月火水金 9:30~12:30 14:00~18:00
土曜日 9:30~12:30 14:00~17:00
休診日  木曜/日祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら