いとう歯科ブログ

2016年11月21日 月曜日

いとう歯科新聞22号できました

先日、副院長と衛生士で「カリオロジー」の講習会に行ってきました。pencil
「カリオロジー」とは予防歯科学のことです。
毎日磨いているのになぜ虫歯になってしまうのだろうsweat01
そんな風に思ったことがある方もみえるのではないでしょうか?
今回はそんな疑問にお答えします。

pic20161121101032_1.jpg

虫歯の原因は甘い物だけではなかったsign02

ケーキやチョコレートが虫歯の原因になることは有名なお話ですね。
しかし、虫歯の原因は甘いものだけではないのです。
でんぷんや果糖など、白いご飯やおせんべ、果物でも虫歯菌のエサになり虫歯の原因になります。
ですので「甘い物を食べていないから、ちょっとぐらい磨かなくていい」という油断は禁物ですね。
また、「磨けている」のと磨いているのでは違います。
いつも磨き残しがあるところは「磨いていない」のと同じことになってしまいます。

そして、もともとの体質で虫歯になりやすい人となりにくい人がいることは以外と知られていないことです。
①虫歯菌の数
 もともと生まれてきたときにはお口の中に菌はいませんが、周りの大人から移って定着してしまいます。
 虫歯菌の数が少ない人と多い人、人によって差があります。
②唾液の質
 唾液には賛成に傾いたお口の中を中性に戻してくれる「緩衝能」があります。
 この緩衝能が高い人と低い人、個人差があります。緩衝能が高い人は虫歯になりにくい人とも言えます
③歯の質
 歯が酸で溶かされやすい人、溶かされにくい人がいます。

予防法
①虫歯菌の数が多くても、歯磨きをしっかりすることで数を減らすことができます。
②唾液の緩衝能が低いと、虫歯になりやすい事は確かですが、生活習慣に気をつけることで改善が可能です。
 1日に何回も食事やおやつを食べるダラダラ食べをするとお口の中が酸性に傾いている時間が長いので虫歯のリスクは上がります。
 規則正しい食生活が虫歯になりにくいお口の環境を作ります
③歯の質を強化するにはフッ素が有効です。
 そのフッ素のお話は新聞の裏面で詳しく特集しているので次の回でお話しします。

虫歯の治療・予防は塩釜口駅徒歩1分
いとう歯科
052-833-6482
 

投稿者 いとう歯科

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

大きな地図で見る
住所
愛知県名古屋市天白区塩釜口1丁目712
最寄駅
鶴舞線 塩釜口駅から徒歩1分
診療時間
月火水金 9:30~12:30 14:00~18:00
土曜日 9:30~12:30 14:00~17:00
休診日  木曜/日祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら