いとう歯科ブログ

2016年3月28日 月曜日

がん治療前のお口のケアはいとう歯科へ

お口のケアをすることでがん治療による副作用を軽減することができます。

Q.1 体の病気を治すのにどうしてお口のケアが必要なの?
お口の中には多くの細菌が生息しています。
普段は悪さをしない細菌も、手術や抗がん剤治療、あるいは放射線治療を行うことで一時的に全身の抵抗力が弱まった時、肺炎や重症の口内炎などの様々な合併症の原因となって、手術の治りが悪くなることがあります。
しかし、体の治療を始める前に、あらかじめお口のケアを行い、細菌数をできるだけ少なくすることで、合併症のリスクを減らすことができます。


Q.2 お口のケアってどんなことをするの?
お口の中の細菌は、その大多数が歯の周りのよごれ(歯垢や歯石)の中に潜んでいます。
お口のケアでは、専門の道具を使って歯の周りの汚れを除去するとともにセルフケア方法についてアドバイスします。
また、虫歯があれば応急処置をして、口の中をできるだけ健康な状態に保つようにします。
他にも全身麻酔の際、歯が傷ついたりすることを防ぐために、保護用マウスピースを作ることも重要なケアの一つです。
その結果、早く自分お口で食事をとることができ、早期の回復が期待できるようになります。

pic20160328180136_1.jpg

pic20160328180136_2.jpg

pic20160328180136_3.jpg

投稿者 いとう歯科

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

大きな地図で見る
住所
愛知県名古屋市天白区塩釜口1丁目712
最寄駅
鶴舞線 塩釜口駅から徒歩1分
診療時間
月火水金 9:30~12:30 14:00~18:00
土曜日 9:30~12:30 14:00~17:00
休診日  木曜/日祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら