専門用語集

2011年4月21日 木曜日

歯周病(ししゅうびょう)

歯周病とは、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが破壊される病気です。
歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、プラーク中のバクテリアの出す毒素が歯周組織に炎症を起こします。歯周病を患うと、特有 の口臭が発生します。
歯周病の初期では、 歯肉が赤く腫れ、ブラッシング時などに出血することがありますが、痛みはありません。
さらに進行すると、歯肉の中にある歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて、膿が出たり歯がグラグラしてきます。
ここまで進行すると、痛みや腫れを伴います。歯周病が重度になると、最後には歯が抜けてしまいます。
歯周病は歯を失う原因となるだけでなく、心臓病や糖尿病などの全身疾患にも悪影響を与えることが解明されてきています。


投稿者 いとう歯科

大きな地図で見る
住所
愛知県名古屋市天白区塩釜口1丁目712
最寄駅
鶴舞線 塩釜口駅から徒歩1分
診療時間
月火水金 9:30~12:30 14:00~18:00
土曜日 9:30~12:30 14:00~17:00
休診日  木曜/日祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら